ミモザやスイートピー、スカビオサの背の高い円柱状のフラワーアレンジメント|アイロニー認定校レッスン

背の高い円柱状のアレンジメント

 

今日、札幌円山 gentle treeさんアイロニー認定校レッスンで作ったアレンジメントです。

 

このような円柱状に花を生けるアレンジを、アイロニーさんでは「コンポジション シランドル」と名付けていて、和の「線」を強調するスタイルとフレンチの「面」を強調するスタイルの融合として、アイロニーさんの基本的なスタイルの1つなのだそうです。

 

とっても見映えがします!

高さと密度の両方があるので豪華で見応えがあります。

 

アイロニーさんのレッスンはいつもお花がすごくかわいいのです。

 

こんなスカビオサを見たのは初めてかもしれません。

しべの深い紫色のところがまるでベルベッドみたいで、花びらはうっすら白い縁どりがついていて繊細なフリルの線が強調され、とっても優雅で美しいです。

 

スイートピーも、濃いパープルの花びらの表面に、シルクのような光沢があるの。大人っぽくて素敵。

 

こんな素敵な花で大きなアレンジを作るのは心が踊りますね。

 

花材メモ

銀葉アカシア(ミモザ)

スイートピー(ネイビーブルー)

スカビオサ(ラオウユウセイ)

ゼンマイ

パフィオ

アジアンタム


コメント
コメントする