DIYでお花の梱包ラッピング作業台を作りました。ディアウォール神!電動ドライバー神!

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

こんな大きなモノをDIYしたのは、たぶん人生初ではないだろうか!

初めてにしては我ながらすごく良くできて、満足です。

もともとあった机にぴったりのサイズで作れたし、目的によく合った作りになりました!

すごく嬉しい。「わたし天才じゃない?!」と、何度も叫びました。笑

 

 

せまい事務所が、花材と梱包資材であふれかえってきたのです。

 

足の踏み場がなくなってきて、どうしたらいいんだろうと悩んでいたのですが、3日前の夜に、

「そうだ!上の空間を利用して収納すればいいんだ!」と思いついたのです。

 

モノや棚を置く床面積はもうないけれど、天井の下の空間はたくさん空いているじゃないか!と。


DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

DIYなんてあまりやったことないから、何をどうすればいいか分からないまま、思いついた翌日に自宅近所のジョイフルへ行きました。

 

はじめは、出来合いのスチールラックか何かを買って簡単に済ませられないかと甘い期待を持っていたのですが、丁度よいサイズや作りのものはありませんでした。

なにしろ事務所にはもう余分なスペースがないので、サイズや作りがぴったり合ったものでないと買ってもかえって邪魔になり、本当に身動きがとれなくなってしまいます。

 

インテリアや資材の売り場をうろうろしながら考えて、ジョイフルに3時間近くいました。笑

 

何がいいんだろう?どういった材料を使って何ができるんだろう?と、売り場をさまよった末、「ディアウォール」というものとツーバイフォー材を使って、今ある机の上に柱を立て、その柱に棚などを設置することに決めました。

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

職場のスタッフに連絡して事務所の机の寸法や天井の高さを聞き、ジョイフルの売り場でノートを取り出して、黙々と設計図を書いたのです。

人間、本気になれば、苦手と思っていたことも意外とできるものです。自分で自分に感動しています! 

 

ジョイフルで選んだ材木を、にわか設計図の寸法に合わせてそれぞれカットしてもらい、軽自動車にえっちらおっちら運びのせて、事務所に運びました。

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

家から電動ドリルだけは持って出ていたのです。

 

電動ドリルを使ったのも人生で初めて。説明書を読みながら使ってみると…

感動です!

 

電動ドリルってすごいものですね!

神です!

力のない私でも、あっという間に材木にネジをガンガン打ち込み、木材どうしを接続することができる。夢のようでした。

電動ドリルがあればたいがいのモノは作れそうな気がしてきました…。そのぐらいすごい道具です!

電動ドリルをこの年になるまで使ったことがなかった私は、人生だいぶ損失したのではなかろうか!w

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

上段に取り付けた棚の下には、ワイヤーネットとフック類で細々した道具を吊るせるようにしました。

 

 

実は今週、いくつかのお花(プリザーブドフラワーや造花)の商品を発送したのですが、お花を梱包することじたいが初めての経験だったので、ものすごく時間がかかりました。

 

クリアケース、包装シート、ロール紙、ダンボール、緩衝材、ハサミ、カッター、シール、リボン、セロテープ、両面テープ、ガムテープ、商品説明の紙、お礼のお手紙…

狭いスペースに道具を広げてやっていると、もう何がなんだかわからなくなるのです。

一回一回、使うものを探す時間や、スペース確保のためにモノをどける時間、移動させる時間と、大変なロスで。

こんなことをしていたら仕事にならない!と心底思いました。

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

なので、道具をすべて掛けて収納して、一目瞭然にしたかったのです。

 

最終的には、ロールフィルムや包装紙もお花屋さんのマネをして、百均の突っ張り棒をワイヤーネットに取り付けて掛けました。

今日実際に使ってみたら、くるくるとスムーズに引き出せて、必要な分を簡単にカットできました。

これで今後は時間をかけず場所をとらずにロールフィルムやペーパーを使えます!

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

上に取り付けた棚の上には、かさばるダンボールやケース類、緩衝材などを置きました。

これでだいぶスッキリしました!

 

 

DIYでお花の梱包・ラッピング作業台を作りました

 

そして、ワイヤーも置き場所がずっと悩みでした。

重ねて置くと、色や番号を探すのにいちいち時間がかかるし、かといって広げて置いたら場所をとってしまうし。

 

そうしたら今日、片付けている時に発見したのです。

机の浅くて広い引き出しに色別・太さ順に並べて入れれば、#番号と色を一瞬で一覧でき、すぐに取り出せることを。

机の引き出しに入れてしまえば、こうして広げて置いても場所を取らないですしね。

 

 

今週末で、ずっと悩んでいた色んなものの置き場の問題が、だいぶ解消しそうです。

 

花材って、ふわっとしている上に、つぶれないよう箱に入れたりしての保存なので、一つ一つがスペースをとります。

おまけにダンボールやクリアケース、緩衝材、包装紙などの梱包資材もかさばります。

ポットアレンジメント用、リース用、コサージュ用とか、必要な箱類もそれぞれ異なります。

 

そして、ネットショップは1つ作品を作るたびに、ていねいな撮影が必要。

これがまた大変で…。

狭い事務所の中の、自然光の当たる窓際の限られたスペースに、三脚を立てて、レフ板をくくりつけたスタンドを2本立てて撮影しています。

狭くて身動きがなかなかとれない中、身を捩りながら手を伸ばしてお花を配置したり、シャッターを押しています。

時間もかかります。

 

 

事務所が大変なことになってきていたので、作業場所と置き場所を増やすしかないのかと、近場のレンタルオフィスやウィークリーマンションを探して内覧するほど悩んでいました。でも、まだそんな予算なんて到底とれないよな、と…

 

なので、空間を利用することをひらめいた(普通の方は思いつくのかもしれませんが)のは、本当に救いでした。

花材や梱包材は、体積はかさばりますが重量は軽いものも多いので、上に吊るすように収納できるものが結構ありそう。

ディアウォールを使えば、天井や壁に傷をつけずに簡単に柱を建てられるので、吊るす収納を実現できそうです。

 

ディアウォール、ありがとう!!

電動ドリル、ありがとう!!

 

これで制作するスペースも確保できたので、やっとまた作れます。


コメント
コメントする