いけばなインターナショナル札幌支部のチャリティーいけばな展2018を見てきました


スポンサーリンク


DSC_0003.jpg

 

いけばなインターナショナル札幌支部のチャリティーいけばな展2018を見てきました。

 

上の写真は、いくつか展示されていたアレンジの中で私が一番好きだった作品。

 

北海道知事をイメージしたお花だそうです。

そう言われると確かに、高橋はるみ知事の清楚で華やかで伸びやかで、ほんのりかわいらしい雰囲気と、似ている気がします。

他にもいくつか、好きだなあと思った作品の写真を撮ってきたので、アップします。

 

 

DSC_0005.jpg

 

札幌市長をイメージしたという作品。

 

伸びやかなラインがきれい。

 

 

DSC_0007.jpg

 

こちらも印象的だった作品。

 

丸いお花と丸い器に、直線的な枝(たけのこ?)と、松のトゲトゲの葉っぱ。

 

形と色の印象が強い花材と花器を絶妙に組み合わせたスキのない配置とアレンジが、額縁に収まった絵画のように印象的。

 

 

 

DSC_0025.jpg

 

花瓶とお花の色を合わせてありますね。

 

涼し気な雰囲気が好き。

 

 

 

DSC_0029.jpg

 

案内札によると、マレーシアの方のアレンジのようです。

 

モンステラのような南国っぽい葉っぱが、いかにも「マレーシア」っていう感じがすると同時に、どこか和な雰囲気もあります。

 

藍色の器が涼しげで、葉っぱの雰囲気と相まって夏らしい感じがします。素敵です。

スポンサーリンク


コメント
コメントする